コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解し織(り) ホグシオリ

デジタル大辞泉の解説

ほぐし‐おり【解し織(り)】

絣(かすり)織物の一種。整経した縦糸横糸で粗く仮織りし、文様捺染(なっせん)したのち、横糸を抜き去って本織りにしたもの。銘仙などに用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

解し織[染織]
ほぐしおり

関東地方、栃木県の地域ブランド。
足利市で製作されている。江戸時代明和・安永年間(1764年〜1781年)に考案された無双織の技法に始まるという。経糸捺染で模様をつくり、あとから緯糸を織り込む。そうすることで、模様に深みと立体感が生まれる。栃木県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

解し織(り)の関連キーワード関東地方足利市

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android