コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解雇の事由

1件 の用語解説(解雇の事由の意味・用語解説を検索)

人材マネジメント用語集の解説

解雇の事由

・期間の定めのない雇用契約に関しては、2週間の予告期間をおけば原則としていつでも労働者を解雇できることとなっている(民法627条)。しかしながら、解雇に関しては使用者と比較して立場の弱い労働者保護の観点から多くの規制(労働基準法による規制、労働組合法による不当労働行為による規制等)が設定されており、解雇権の濫用がなされないような仕組みとなっている。
・ただし、その仕組みが多様な法律、裁判の判例、慣習・慣例によって縛られている部分もあり、労使双方にとってわかり難いものになっており、労使間のトラブルに発展しやすい状況を生んできた。
・そのために、解雇ルールの明確化を図る意味で「解雇の金銭解決制度、等」が労働契約法の制定の中で検討されている。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
人材マネジメント用語集について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone