コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解雇の事由

1件 の用語解説(解雇の事由の意味・用語解説を検索)

人材マネジメント用語集の解説

解雇の事由

・期間の定めのない雇用契約に関しては、2週間の予告期間をおけば原則としていつでも労働者を解雇できることとなっている(民法627条)。しかしながら、解雇に関しては使用者と比較して立場の弱い労働者保護の観点から多くの規制(労働基準法による規制、労働組合法による不当労働行為による規制等)が設定されており、解雇権の濫用がなされないような仕組みとなっている。
・ただし、その仕組みが多様な法律、裁判の判例、慣習・慣例によって縛られている部分もあり、労使双方にとってわかり難いものになっており、労使間のトラブルに発展しやすい状況を生んできた。
・そのために、解雇ルールの明確化を図る意味で「解雇の金銭解決制度、等」が労働契約法の制定の中で検討されている。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

解雇の事由の関連キーワード有期雇用契約雇い止め雇止め無期雇用有期雇用有期契約労働者初回雇用契約(CPE)中国の労働契約法労働契約法と中途解雇雇用契約

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone