コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解雇制限

人材マネジメント用語集の解説

解雇制限

雇用主(使用者)が従業員(労働者)を解雇する際の制約に関して規定されている労働基準法第19条の内容のことを指す。
・従業員(労働者)が業務上の災害によって休業する期間およびその後30日間は解雇することはできない(打切補償を支払う場合は解雇は可能となる)。
子女の産前産後の休業期間およびその後30日間は原則として解雇できない。
・天災事変その他のやむおえない事由のために事業継続が不可能になった場合等、その事由に関して監督官庁の認定を受けた場合に関してはこの制限は適用されない。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について | 情報

解雇制限の関連キーワード合理化反対闘争季節労働者通勤災害労働契約船員法

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

解雇制限の関連情報