監督官庁(読み)カントクカンチョウ

デジタル大辞泉の解説

かんとく‐かんちょう〔‐クワンチヤウ〕【監督官庁】

民間の銀行・会社、または公共的団体などに対し、その事業について監督の職権を有する官庁。また、下級の官庁を監督する職権を有する上級官庁

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんとくかんちょう【監督官庁】

下級の官庁、公共的団体や私人などに対し、監視や指揮・命令などを行う権能をもつ行政官庁。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんとく‐かんちょう ‥クヮンチャウ【監督官庁】

〘名〙 下級官庁、地方公共団体、企業、団体、個人に対して監督権をもつ官庁。
※家族会議(1935)〈横光利一〉「後始末を数年がかりでせねばならぬといふ、監督官庁や一般の意見が起って来た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

監督官庁の関連情報