監督官庁(読み)かんとくかんちょう

精選版 日本国語大辞典「監督官庁」の解説

かんとく‐かんちょう ‥クヮンチャウ【監督官庁】

〘名〙 下級官庁、地方公共団体、企業、団体、個人に対して監督権をもつ官庁。
※家族会議(1935)〈横光利一〉「後始末を数年がかりでせねばならぬといふ、監督官庁や一般の意見が起って来た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android