コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

触媒化学 しょくばいかがくcatalyst chemistry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

触媒化学
しょくばいかがく
catalyst chemistry

触媒の作用を解明し,触媒の作用と触媒の物理的,化学的構造,性質との関係を研究する物理化学の一部門。 1836年 J.ベルセーリウスが触媒作用を特殊な化学現象として認識したことに始り,1901年 W.オストワルトによって触媒の定義が与えられたときから科学として体系化された。触媒の作用は特定の化学反応の速度に影響を及ぼすことであるから,すぐれた触媒への探究が触媒化学の中心であり,触媒への吸着,表面積,細孔構造,結晶格子欠陥,酸性点などに関する界面物理化学的知見と反応速度論とが総合された特異な研究分野である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

触媒化学の関連キーワードゲルハルト エルトゥルヒュー・S. テイラーノーベル化学賞の変遷産業技術総合研究所WPIプログラムクラウンエーテル本多‐藤嶋効果石油化学工業北海道大学堀内 寿郎エルトゥル斯波 忠夫サバティエ小泉 正夫八谷 泰造野依良治堀内寿郎界面化学石油化学相馬芳枝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

触媒化学の関連情報