コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

触覚器 しょっかくき tactile organs

1件 の用語解説(触覚器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

触覚器
しょっかくき
tactile organs

皮膚にある感覚受容器の一つで,体表への機械的接触を感受する。触覚受容器としては,メルケルの触板,マイスナー小体,毛根終末,パチニ小体ゴルジ=マッツォーニ小体などがある。このうち,深部にある受容器は圧覚に関係する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の触覚器の言及

【触覚】より

…パチニ小体は,皮下組織のほか,深部組織たとえば骨膜,骨間膜,内臓にも広く分布して,伝播してくる振動をとらえる。(6)毛包受容器hair receptors 毛は鋭敏な触覚器官である。毛根には神経が豊富に分布し,柵状に巻きついた終末をなしていて,毛幹の傾きの変化をとらえる。…

※「触覚器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

触覚器の関連キーワード運動感覚共感覚深部感覚冷覚温点感覚点PNF味覚受容器感覚投射の法則感覚受容器

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone