触覚器官(読み)ショッカクキカン

大辞林 第三版の解説

しょっかくきかん【触覚器官】

動物の触覚をつかさどる器官。脊椎動物の体表や皮膚に分布する感覚神経の末端装置や、節足動物の触角など。触覚器。触官。触受容器。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょっかく‐きかん ショクカクキクヮン【触覚器官】

〘名〙 動物の触覚をつかさどる器官。脊椎(せきつい)動物の皮膚や触毛、昆虫の触角など。触覚器。触官。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android