計算・計筭(読み)けいさん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 数量を計ること。はかりかぞえること。勘定すること。算計。けさん。
※三国伝記(1407‐46頃か)一一「殺生は都て計算せず」
※地蔵菩薩霊験記(16C後)六「一年中毎日一百八返の法は三百六十日計筭すれば三万六千返也」 〔史記‐平準書〕
② 前もって先のことなどを考えること。予測すること。見積ること。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉三三「余も亦計算(ケイサン)を立て之を論ぜん」
③ あたえられた数、量、式を一定の規則に従って処理すること。また、未知の数、量、式を公式などを用い、演算の規則に従って求めること。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕
[語誌](1)字順の異なる「算計」は、平安時代末期の「明衡往来‐中末」に現代と同じ用法で使用されており、中世の古辞書では「文明本節用集」に登載されている。江戸時代末期になると、「計算」と「算計」がともに見られるようになるが、「算計」は蘭学者の手によるものによく見られる。
(2)明治時代になって、ヘボンの「和英語林集成(再版)」には「算計」だけが、三版には「計算」も見出し語として登載された。しかし、「言海」や「日本大辞書」には「計算」しかないところから、明治二〇年(一八八七)頃には「計算」に統一されたと考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android