コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

託言がましい カゴトガマシイ

デジタル大辞泉の解説

かごと‐がまし・い【託言がましい】

[形][文]かごとがま・し[シク]
恨み嘆いて言うようすがありありと感じられる。ぐちめいている。
「―・い声を出すとは見下げ果てたやつで」〈芥川・おしの〉
言いわけがましい。
「つれづれとわが泣き暮す夏の日を―・しき虫の声かな」〈・幻〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android