コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

託言 カゴト

デジタル大辞泉の解説

か‐ごと【託言】

《「かこちごと」の意》
他にかこつけていう言葉。口実。
「御返り、口疾(と)きばかりを―にて取らす」〈夕顔
他のせいにしていう恨み言。不平。ぐち。
「人を徒(いたづ)らになしつる―負ひぬべきが」〈・夕顔〉

たく‐げん【託言】

他のものにかこつけた言葉。口実。
ことづて。伝言

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かごと【託言】

ほかにかこつけて言う言葉。口実。言い訳。 「御返し、口ときばかりを-にてとらす/源氏 夕顔
恨みごと。ぐち。 「 -も聞えつべくなむ/源氏 桐壺

かずけごと【託言】

口実。ごまかし。かこつけごと。 「天子の詔書と-を言ひかけて殺す事ぞ/蒙求抄 4

たくげん【託言】

ほかのことにかこつけて言う言葉。口実。いいぐさ。
伝言。ことづて。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

託言の関連キーワード卓・宅・度・托・択・拓・擇・柝・沢・澤・琢・磔・託・謫・鐸恨み言蒙求抄桐壺ほか源氏口実

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

託言の関連情報