記憶喪失(読み)キオクソウシツ

  • きおくそうしつ ‥サウシツ
  • きおくそうしつ〔サウシツ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 頭部の打撲などの外傷や薬物中毒などのため、それ以前のある期間の記憶をなくしてしまうこと。医学的には、「健忘(症)」という。
※狂人の世界より帰りて(1948)〈紀野親二〉全快篇「七十八歳のその晩年、記憶喪失になった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

記憶喪失の関連情報