コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訛む ダム

デジタル大辞泉の解説

だ・む【×訛む】

[動マ五(四)]《古くは「たむ」とも》言葉がなまる。声がにごる。
「聞馴れぬ―・みたる声が聞えた」〈魯庵社会百面相
「言葉―・みて」〈・橋姫〉
[補説]「た(回)む」からの派生で、文や言葉が折れまがるの意とし、活用も上二段とする説がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だむ【訛む】

( 動四 )
〔古くは「たむ」とも〕
言葉がなまる。また、声がにごる。だぶ。 「ものうち言ふ、少し-・みたるやうなり/源氏 東屋

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone