コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訛む ダム

デジタル大辞泉の解説

だ・む【×訛む】

[動マ五(四)]《古くは「たむ」とも》言葉がなまる。声がにごる。
「聞馴れぬ―・みたる声が聞えた」〈魯庵社会百面相
「言葉―・みて」〈橋姫
[補説]「た(回)む」からの派生で、文や言葉が折れまがるの意とし、活用も上二段とする説がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だむ【訛む】

( 動四 )
〔古くは「たむ」とも〕
言葉がなまる。また、声がにごる。だぶ。 「ものうち言ふ、少し-・みたるやうなり/源氏 東屋

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

訛むの関連キーワードうなり

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android