コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利潤原理 りじゅんげんりprofit principle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

利潤原理
りじゅんげんり
profit principle

投資関数の定式化において利潤あるいは利潤率の重要性を強調する理論。 N.カルドア,M.カレツキなどによって採用されたもの。投資関数は所得と資本量の係数で,所得については増加関数,資本については減少関数となる。つまり短期的に所与の資本量のもとで国民所得が増大すれば利潤も増大し,投資が誘発されるが,投資によって資本設備が増大すると利潤率は低下し,誘発投資小さくなる。国民所得の水準に投資が依存するという理論は加速度原理と区別して,速度原理とも呼ばれる

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

りじゅんげんり【利潤原理】

設備投資の規模は企業利潤(もしくは産出量)の水準に依存するという投資理論。これらの水準の変化量を問題にする加速度原理と区別する意味で速度原理とも呼ばれる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone