コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

許率母 こ そちも

3件 の用語解説(許率母の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

許率母 こ-そちも

?-? 飛鳥(あすか)時代の学者。
百済(くだら)(朝鮮)からの渡来人で,百済での官位は達率(だちそち)。天智(てんじ)天皇10年(671)小山上(しょうせんじょう)の冠位をあたえられる。五経に通じ,「懐風藻」には,学士として大友(おおともの)皇子の客となったとある。天武(てんむ)天皇6年大山下。このとき大博士であった。

許率母 きょ-そつも

こ-そちも

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

許率母

生年:生没年不詳
百済 から亡命してきた渡来人。天智10(671)年1月,他の亡命百済人と共に小山上の位を授けられたが,『日本書紀』には彼の特技として,儒教の経典である五経に詳しいと記されている。『懐風藻』にも大友皇子の「賓客」として名がみえ,皇太子の学問上の顧問であったと考えられる。天武6(676)年5月には後の大宝・養老令制の大学博士に相当する大博士であったが,このとき大山下に昇進するとともに食封30戸を与えられている。

(清田善樹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

許率母の関連キーワード王仁百済寺跡渡来人韓鍛冶麻田〓(“獣へん”に「田」)賦吉少尚吉大尚谷那晋首法師君木素貴子

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone