コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訴訟脱退 そしょうだったい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

訴訟脱退
そしょうだったい

民事訴訟法上,第三者の訴訟参加または承継人の訴訟引受があった場合に従前の当事者の一方が相手方の同意を得て,前記の者に訴訟を譲って脱退すること。その訴訟の判決の効力は脱退者にも及ぶ。なお,訴訟の係属後選定当事者を定めたときは選定した他の当事者は当然に訴訟から脱退する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android