従前(読み)じゅうぜん

精選版 日本国語大辞典「従前」の解説

じゅう‐ぜん【従前】

〘名〙 今よりもまえ。まえかた。今まで。以前。
※宝覚真空禅師録(1346)乾・豊州蒋山興聖万寿禅寺語録「前汗馬无人識、只要重論盍代功」
※四河入海(17C前)三「従前の事をば問こともないぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「従前」の解説

じゅう‐ぜん【従前】

今より前。これまで。以前。「従前の方式」「従前どおり」
[類語]過去以前かつ在りし日往年往時往日旧時昔日せきじつ昔時せきじ昔年せきねん往昔おうせき往古古昔こせきいにしえ古くそのかみ当時前前かねてかねがね何時か既往これまで従来し方先年当年一時一頃その節先に当時古来あらかじめ前以て年来旧来在来その昔太古千古大昔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「従前」の解説

【従前】じゆうぜん

以前。

字通「従」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android