コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訴額 そがく

大辞林 第三版の解説

そがく【訴額】

訴訟物について原告が訴えで主張する利益を金銭に見積もった額。訴訟物の価額。訴価。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そがく【訴額】

民事訴訟において,原告によって主張され,被告によって争われている権利関係のことを訴訟物というが,この権利関係が原告の主張どおりに判決によって認められた場合に,原告にもたらされる利益を,金銭的に評価した額を訴額という。つまり,訴訟物の価額,または訴訟の目的の価額のことである。 訴額は,訴え提起などのとき手数料として納付すべき額の定算の基礎となる(民事訴訟費用等に関する法律4条1項)。また訴額は第一審の裁判所が,簡易裁判所地方裁判所かを決める標準にもなる(裁判所法33条1項1号)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

訴額の関連キーワード裁判所[アメリカ合衆国]株主代表訴訟少額訴訟訴訟費用三審制訴状

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android