コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

試金法 しきんほうassaying

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

試金法
しきんほう
assaying

(1) 貴金属の簡易鑑定法 試金石という黒色石英板に金属をこすりつけ,生じた条痕に硝酸をかける。それで条痕が溶け去れば卑金属,残るようであれば金,白金などの貴金属と判定する。質屋などで使う方法。 (2) 金銀鉱の品位定量法 化学分析による湿式法 (試金分析) と,粉砕した鉱石に鉛を加えて加熱し,金銀を鉛に吸収させたのち,灰吹 (はいふき) 法で金銀だけを定量する乾式法とがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

試金法の関連キーワードデレメタリカアグリコラ那智黒石

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android