コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誅求 チュウキュウ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐きゅう〔‐キウ〕【×誅求】

[名](スル)租税などを厳しく取り立てること。「領民を誅求する」「苛斂(かれん)誅求

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうきゅう【誅求】

( 名 ) スル
きびしくせめて取り立てること。特に、租税などをきびしく取り立てること。 「苛斂かれん-」 「書估しよこの-に応じて筆を走らせたものである/渋江抽斎 鷗外

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

誅求の関連キーワード丑・中・仲・厨・宙・忠・抽・昼・晝・柱・沖・注・疇・籌・虫・蟲・衷・註・誅・躊・鋳・鑄・駐ウラジーミル2世(モノマフ)エンゲルブレクト金(中国の王朝)勝山藩(安房国)マグナ・カルタ島原・天草一揆胥吏[朝鮮]惣百姓一揆大分(県)間宮新五郎同盟市戦争イーゴリ公葉宗留の乱藤原元命鉱税の害礦税の禍五代十国幕藩体制マリニー

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android