コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュウ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう【×誅】

罪ある者を討伐すること。罪人を殺すこと。「に付する」

ちゅう【誅】[漢字項目]

[音]チュウ(慣)
罪をとがめて殺す。「誅殺誅伐天誅
厳しく責めたてる。「誅求筆誅

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅう【誅】

罪あるものを討つこと。罪あるものを殺すこと。 「 -に伏する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

誅の関連キーワードタンキス(唐基勢)梶原景高の妻児雷也豪傑譚蓮華寺過去帳ルーダキー西園寺公宗九牛の一毛西園寺実俊譖づ・讒づ蜂須賀忠英佐竹隆義長坂長閑呂氏の乱安達盛宗氷上塩焼苛斂誅求山名満幸近江毛野阿部一族藤原忠文

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android