誇張法(読み)こちょうほう(英語表記)hyperbole

翻訳|hyperbole

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

誇張法
こちょうほう
hyperbole

緩叙法 meiosisに対する言葉で「黄塵万丈」のように事物を実際より誇張して印象強く表わす表現。英語でも"a thousand apologies" (どうもすみません) など用例が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こちょう‐ほう〔コチヤウハフ〕【誇張法】

修辞法の一。事物を過度に大きくまたは小さく形容する表現法。「雲衝(つ)くばかりの大男」「猫の額ほどの土地」などがその例。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こちょうほう【誇張法】

修辞法の一。事物を過度に大きくまたは小さく形容する表現法。「千仞せんじんの谷、万丈ばんじようの山」の類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

誇張法の関連情報