黄塵万丈(読み)こうじんばんじょう

四字熟語を知る辞典「黄塵万丈」の解説

黄塵万丈

黄色の土けむりが風にのって空高くたちのぼる様子。

[使用例] これ支那詩人のややもすれば「黄塵万丈」の語をなす所因志賀重昂*日本風景論|1894]

[使用例] 向嶋の花 いかにかあらん。紅雲十里黄塵万丈の光景眼の前にちらちらと見えて土手沈むこと三寸三分[正岡子規*松蘿玉液|1896]

[解説] 「黄塵」は黄色い土けむりのこと。「万丈」は非常に高く上がること。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「黄塵万丈」の解説

こうじん‐ばんじょう〔クワウヂンバンヂヤウ〕【黄×塵万丈】

[形動][文][ナリ]黄色の土ぼこりが風に乗って空高く立ち上るさま。「黄塵万丈にかすむ大地

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「黄塵万丈」の解説

こうじん‐ばんじょう クヮウヂンバンヂャウ【黄塵万丈】

〘形動〙 黄色の土けむりが風にのって空高くたちのぼるさま。《季・春》
※日本風景論(1894)〈志賀重昂〉四「是れ支那詩人の動もすれば『黄塵万丈』の語をなす所因」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android