コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会的性格 しゃかいてきせいかくsocial character

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会的性格
しゃかいてきせいかく
social character

E.フロムの定義によれば,「ある一つの集団の大多数の成員がもっている性格的構造の本質的な中核であり,その集団に共通する基本的経験と生活様式の結果発達したもの」で,民族的性格,階級的性格,男性的性格,職業的性格などがあげられる。社会の下部構造 (経済的土台) とイデオロギーとを結びつけるような媒介項として社会的性格の分析が要請されてきた。それは諸個人に共通したパーソナリティ (最頻的パーソナリティ) であり,それをとらえることによって,その集団や社会の特質が解明できる。 R.リントンの「地位と役割のパーソナリティ」,フロムの「社会的性格」,A.カーディナーの「基本的パーソナリティ構造」,D.リースマンの「社会的性格の3類型」 (→他人指向型 , 伝統指向型 , 内部指向型 ) ,T.W.アドルノの「権威主義的パーソナリティ」「民主的パーソナリティ」などが知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃかいてき‐せいかく〔シヤクワイテキ‐〕【社会的性格】

特定の集団や文化に属する人々が共通にもっている性格上の中心的諸特徴。共通の経験や欲求によって形成される。男(女)らしさ・職人気質国民性など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃかいてきせいかく【社会的性格】

ある集団や階層に共通する社会的役割や生活様式を通じて類型化された性格特性。多くの人がある特定のイデオロギーを受け入れたり、共通の行動様式などをとる際の中核として働くもの。男らしさ、母親らしさ、日本人らしさなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

社会的性格
しゃかいてきせいかく
social character

同一の集団や社会層に属する人々がほぼ共通に示す性格上の中心的諸特徴をいう。たとえば、普通「国民性」とよばれているものは、国民という大きな枠でとらえた社会的性格にほかならない。この種の社会的な枠をどう設定するかによって、たとえば職業や階級によるもの(職人気質(かたぎ)、官僚タイプ、農民的性格、プチブル性など)、あるいは性別や年齢によるもの(たとえば女らしさや青年らしさ)など、さまざまのレベルで社会的性格を考えることができる。それらは、それぞれの集団や社会層に共通の基本的経験や生活様式に基づいて形成されると考えられる。
 フロムやアドルノらは、この社会的性格の概念を用いて、ファシズムの社会心理的基盤を分析し、第一次世界大戦後のドイツの下層中産階級の社会的性格(権威主義的性格)がナチズムの受容と支持に大きな役割を果たしたことを指摘した。またリースマンは、近代市民社会の発展につれて、西欧人(主として上層中産階級)の社会的性格が伝統志向型から内部志向型に変化し、さらに資本主義の高度化(大衆社会化)につれて、他人志向型へと変化していくとした。しかし日本では、近代化と大衆化とが急激に、そして互いに重なり合いながら進行したので、リースマンの図式をそのまま当てはめることはむずかしい。そこで、日本の現実に即した社会的性格の類型として、日高六郎(1917― )は、(1)庶民的性格、(2)臣民的性格、(3)市民的性格、(4)大衆的性格、(5)人民的性格、の五つを区別した。
 社会的性格は、それを生み出した社会的・集団的構造を維持する方向に働く場合が多く、その意味で「社会構造の接着剤」といわれるが、反面、社会の変化しつつある部分に対応する社会的性格が、旧来の停滞的な部分に対立し、社会全体の変動を導く「起爆剤」となることもある。[井上 俊]
『E・フロム著、日高六郎訳『自由からの逃走』(1951・東京創元社) ▽T・W・アドルノ他著、田中義久他訳『権威主義的パーソナリティ』(1980・青木書店) ▽D・リースマン著、加藤秀俊訳『孤独な群衆』(1964・みすず書房) ▽日高六郎著『現代イデオロギー』(1960・勁草書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の社会的性格の言及

【性格】より

… この問題をとりあげ,社会がいかに人格形成に大きな影響を与えているかを強調したのがフロムである。彼の性格形成論の根底には社会的性格なる概念があり,それはあるひとつの社会集団の成員のほとんどがもっている性格構造の本質的な中核をなすもので,その集団特有の基本的経験と生活様式とから発達したものであるという。〈社会的性格は外的な必要を内面化し,ひいては人間のエネルギーをある一定の経済的社会組織の課題に準備させる〉。…

※「社会的性格」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

社会的性格の関連キーワードアポロ型文化・ディオニュソス型文化ラディカル・エコノミックスラディカル・エコノミクス資本主義の全般的危機資本主義の基本矛盾N.C. ライツパーソナリティー自由からの逃走金沢 覚太郎義務について孤独なる群衆小口 偉一社会的学習社会的役割政治心理学パタリーア認識社会学漁業労働産業循環行動様式

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android