コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誘導制御 ゆうどうせいぎょguidance and control

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

誘導制御
ゆうどうせいぎょ
guidance and control

ロケットやミサイルおよび宇宙船の姿勢や方向,速度を制御して正しい飛行をさせること。ロケットなどの向きを変えるには,尾翼による空気の抵抗を使う,推力の方向を変える (推力方向制御 thrust vector control; TVC) ,の2方法がある。前者は空気がないとききめがないが,後者はどこでも使えるので,各国で種々開発しており,その第1はドイツのV-2号に使われた噴流翼 (ジェット・ベーン) 方式であり,第2はジンバル・エンジンまたは首振りエンジンと呼ばれる方式である。これはエンジンをジャイロの台のようなものに載せ,自由に向きが変えられるもので,アポロ宇宙船を打ち上げたサターン型など液体ロケットでは最もよく使われている。さらに第3は2次流体噴射方式で,ノズルのスカート部にいくつかの小型噴射口を配置するもの。そこからフロンなどの流体を2次噴射し,ノズルのガス流を全体として偏向させ,推力の方向を制御する。日本の宇宙科学研究所 (→宇宙航空研究開発機構 ) のミュー・ロケットで用いられている。ロケットは飛行しながら自分の傾き角度をはかり,地上からのコマンド電波でエンジンを噴射,正しいコースを飛行する。なお,誘導には電波式と慣性式とがあるが,長距離飛行には,電波妨害の少ない慣性方式がよく使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

誘導制御の関連キーワード極超音速飛行実験LSハネウェル重力ターン宇宙科学宇宙開発人工衛星知能弾薬宇宙工学宇宙通信

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

誘導制御の関連情報