誘惑の山(読み)ユウワクノヤマ

デジタル大辞泉の解説

ゆうわく‐の‐やま〔イウワク‐〕【誘惑の山】

Mount of Temptationパレスチナ地方の都市エリコの北西部にある山。標高370メートル。新約聖書によると、イエスが40日間の断食と瞑想を行い、悪魔に誘惑を受けた場所とされる。「40日の修道院」を意味するギリシャ正教会の修道院デールクルントゥルや修道士が住み着いた30以上もの洞窟がある。悪魔に試みられた誘惑の山

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android