コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誘発的技術進歩 ゆうはつてきぎじゅつしんぽ induced technical progress

1件 の用語解説(誘発的技術進歩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

誘発的技術進歩
ゆうはつてきぎじゅつしんぽ
induced technical progress

技術進歩のタイプに関して,労働の能率を高めるようなものか,資本の能率を高めるようなものかは,賃金率と利子率の関係によって決るという考え方。両者が等しい確率で生じるものとすれば,一般的に賃金率が利子率に比べて高ければ労働の能率を高めるようなタイプの技術進歩が採用される可能性が強くなり,逆に利子率のほうが高ければ資本の能率を高めるようなタイプの技術進歩がとられることになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

誘発的技術進歩の関連キーワード購買行動のタイプ技術進歩進歩のための同盟労作歌進歩的力の能率種の集合法則技術進歩率強制労働の廃止に関する条約内格

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone