コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

説書 せっしょshuo-shu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

説書
せっしょ
shuo-shu

中国の民間文芸の一つで,語り物総称。唐代の寺院で行われた俗講がその成立の始めとされ,庶民生活の向上した宋,元代では,説話人という職業的芸人が常設小屋で演じるようになり,また口語小説発生の母体となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の説書の言及

【説話】より

… 宋代の説話,とくに小説と講史書は,元代以降の小説の発展の母体となったもので,文学史上,重要な意味をもつ。またその話芸としての側面は,現代にまで受け継がれているが,現在一般には説話の名称は用いられず,〈説書〉といわれている。【村松 暎】。…

※「説書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

説書の関連キーワードInside Macintoshウォーレン・S. トンプソンポール ヴァン・ティーゲム音曲玉淵集・音曲玉渕集ミシュナ・ヘブライ語学習指導要領解説書カピタン(甲比丹)再燃した竹島問題官板バタビヤ新聞四庫全書総目提要オランダ風説書ローゼンベルグ国家と法の理論フェルビースト三国通覧図説マカルティーエディントンオランダ商館ブックレットイドリーシー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android