コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼイ

デジタル大辞泉の解説

ぜい【説】[漢字項目]

せつ

せつ【説】

ある物事に対する主義、主張。「新しいをたてる」「御御もっともです」
うわさ。風説。「彼女が結婚したというがある」
漢文の一体。道理を解釈したもの。また、自分の意見を述べたもの。韓愈の「師説」、柳宗元の「捕蛇者説」など。

せつ【説】[漢字項目]

[音]セツ(漢) ゼイ(慣) [訓]とく
学習漢字]4年
〈セツ〉
筋道をときほぐし、わかるように述べる。「説教説得説明説諭演説(えんぜつ)解説講説再説細説詳説力説論説
説き明かす内容。考えを述べる文章。「異説一説学説逆説言説高説自説社説諸説新説俗説珍説定説
はなし。うわさ。「巷説(こうせつ)小説伝説浮説風説流説
〈ゼイ〉他人にといて従わせる。「遊説
[名のり]あき・かぬ・かね・こと・つぐ・とき・のぶ・ひさ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せつ【説】

ある人の述べた考えや意見。主張。 「新しい-」 「 -が分かれる」
うわさ。評判。風説。 「セジョウノ-/日葡」
漢文の一体。義理を解釈して説き示したもの。また、物事によせて意見を述べたもの。韓愈の「師説」、柳宗元の「捕蛇者説」、蘇軾の「剛説」などが有名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

説の関連キーワードカント=ラプラスの星雲説コンベンショナリズムヘッケルの反復説ヘッケルの法則アイソスタシー現金残高数量説エピジェネシスストレス学説増補田園類説カロリック説大洋底拡大説帝王神権説胚種広布説大陸漂移説比較優位説海底拡大説宇宙汎種説国家契約説至福千年説自然選択説

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

説の関連情報