コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

読(み)方 ヨミカタ

デジタル大辞泉の解説

よみ‐かた【読(み)方】

文字の発音のしかた。「読み方がわからない字」
文章などを読んでそれを理解するための方法。「小説の読み方」「地図の読み方
(「詠み方」とも書く)歌などをよむ方法。
小学校における、国語教育の一分野。文章・作品の読解と鑑賞を目的とする。また、もと小学枚の国語科の通称。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

読(み)方の関連キーワード共通鍵暗号方式秋田 喜三郎熊本洋学校大鳥居満正姉小路実紀芦田恵之助九如館鈍永秋田喜三郎佐藤貞寄中村重勝中島竜橋竹内錫命菊池 譲香取竹斎古事記伝菊池譲綴方国語

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android