調色(読み)ちょうしょく

精選版 日本国語大辞典「調色」の解説

ちょう‐しょく テウ‥【調色】

〘名〙
① 色の調合。色の具合。絵を描くときなどに絵の具を調合して望みの色を作ること。また、その色。
※桐の花(1913)〈北原白秋〉昼の思「ゴウガンの粗(あら)い生そのものの調色」
② 写真変色法の一つ。黒色を他の金属塩で変色して色調を変えること。〔通俗写真薬品解説(1920)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「調色」の解説

ちょう‐しょく〔テウ‐〕【調色】

絵の具をまぜ合わせて望みの色を出すこと。また、その色。
写真で、銀をほかの金属に置換させるか化合物にするかして黒以外の色調の写真画をつくる操作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android