コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調色 チョウショク

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐しょく〔テウ‐〕【調色】

絵の具をまぜ合わせて望みの色を出すこと。また、その色。
写真で、銀をほかの金属に置換させるか化合物にするかして黒以外の色調の写真画をつくる操作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうしょく【調色】

絵の具を調合して、望みの色を作ること。
写真で、印画紙またはポジ-フィルムの画像の色調を、金属塩などを用いて他の色に変える技法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

調色の関連キーワードbase colourデジタルフィルターさぁ工作えのぐリシン吹き付け硫化ナトリウムアストラカン出雲なんきん油性ペイントカリエールカラー映画フィルム400系パレット色彩調節金属塩絵の具六鱗柄印画紙毛染め浮世絵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

調色の関連情報