調色(読み)ちょうしょく

精選版 日本国語大辞典「調色」の解説

ちょう‐しょく テウ‥【調色】

〘名〙
① 色の調合。色の具合。絵を描くときなどに絵の具を調合して望みの色を作ること。また、その色。
※桐の花(1913)〈北原白秋〉昼の思「ゴウガンの粗(あら)い生そのものの調色」
② 写真変色法の一つ。黒色を他の金属塩で変色して色調を変えること。〔通俗写真薬品解説(1920)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「調色」の解説

ちょう‐しょく〔テウ‐〕【調色】

絵の具をまぜ合わせて望みの色を出すこと。また、その色。
写真で、銀をほかの金属に置換させるか化合物にするかして黒以外の色調の写真画をつくる操作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android