コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

請負小作 ウケオイコサク

デジタル大辞泉の解説

うけおい‐こさく〔うけおひ‐〕【請負小作】

江戸時代、田畑を一定年限引き受けて小作すること。または、これを細分して他人に小作させること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

請負小作【うけおいこさく】

小作人は小作地から得た全収穫物を地主に納め,地主からは一定の報酬を受け取る小作関係。小作人の地位は農業労働者に近い。預け田,作上げとも呼ばれた。小作関係の悪化に伴い,小作農の収穫物に対する地主の優先権を確保するために採用された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

うけおいこさく【請負小作】

江戸時代の小作慣行の一。年限を定め、費用などを見積もり、地主に納付する額を定めた上で請け負う小作。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

請負小作の関連キーワード江戸時代又小作

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android