コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諏訪瀬島 すわのせじま

2件 の用語解説(諏訪瀬島の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕諏訪瀬島(すわのせじま)


鹿児島県の吐噶喇(とから)列島中部に位置する島。面積27.7km2。鹿児島郡十島(としま)村に属する。諏訪之瀬島とも書く。最高峰の御()岳(標高796m)は活火山で、現在も噴煙を上げる。1813年(文化(ぶんか)10)の火山噴火以来、約70年間無人だったが、明治期に再開拓された。現在は約25世帯が居住。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

諏訪瀬島
すわのせじま

諏訪之瀬島」とも書く。鹿児島県吐(とから)列島中部にあり、鹿児島郡十島(としま)村に属する活火山島。長径(北北東―南南西)約8キロメートルの長円形で、面積27.66平方キロメートル。霧島火山帯の安山岩質成層火山。中央部にある最高峰の御岳(おたけ)(799メートル)の二火口は有史以後もしばしば噴火し、再三溶岩流も発生している。最古の1813年(文化10)の大噴火では全島民が退去し、約60年間無人島。ストロンボリ式噴火が特徴で、新火口は1949年(昭和24)から断続的に噴火中。水田はなく、サツマイモ、陸稲などの自給農業と和牛を飼育。村役場がある鹿児島市から定期船がある。電力は火力発電で常時供給されている。人口52(2009)。[諏訪 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

諏訪瀬島の関連キーワードおはら節鹿児島県鹿児島大学アミュプラザ鹿児島鹿児島アリーナ鹿児島黒牛・黒豚の日きばいやんせフレスタ鹿児島鹿児島県の無罪事件鹿児島県十島村

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone