コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諦鏡 たいきょう

1件 の用語解説(諦鏡の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諦鏡 たいきょう

?-? 奈良時代の僧。
奈良の下毛野(しもつけの)寺にすむ。「日本霊異記(りょういき)」によれば,山背(やましろ)(京都府)の路上で宇治王から暴行をうけたが,その直後に王は変死した。遺族が,王はのろい殺されたので諦鏡に報復したいと聖武天皇にねがいでたが,天皇は許可しなかったという。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone