コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諦鏡 たいきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諦鏡 たいきょう

?-? 奈良時代の僧。
奈良の下毛野(しもつけの)寺にすむ。「日本霊異記(りょういき)」によれば,山背(やましろ)(京都府)の路上で宇治王から暴行をうけたが,その直後に王は変死した。遺族が,王はのろい殺されたので諦鏡に報復したいと聖武天皇にねがいでたが,天皇は許可しなかったという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

諦鏡の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android