コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諦鏡 たいきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諦鏡 たいきょう

?-? 奈良時代の僧。
奈良の下毛野(しもつけの)寺にすむ。「日本霊異記(りょういき)」によれば,山背(やましろ)(京都府)の路上で宇治王から暴行をうけたが,その直後に王は変死した。遺族が,王はのろい殺されたので諦鏡に報復したいと聖武天皇にねがいでたが,天皇は許可しなかったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

諦鏡の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android