コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸矢 モロヤ

2件 の用語解説(諸矢の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もろ‐や【諸矢】

対(つい)になった2本の矢。初めに射る甲矢(はや)と、あとに射る乙矢(おとや)。一手(ひとて)矢。→片矢(かたや)
「―をたばさみて的に向かふ」〈徒然・九二〉
矢で的を、みな射当てること。
「ひき連れて帰るを見れば梓弓―はいとど嬉しかりける」〈栄花・歌合〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もろや【諸矢】

( 名 ) スル
的に向かうときに持つ二本の矢。早矢はやと弟矢おとやをいう。ひと手矢。 ↔ 片矢 「 -をたばさみて的に向ふ/徒然 92
矢で的を射て、みな当てること。 「今ぞ嬉しき-しつれば/拾遺 雑春

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone