コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

講元 コウモト

2件 の用語解説(講元の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こう‐もと【講元】

神仏参詣の講中(こうじゅう)で、その中心となって世話をする役。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の講元の言及

【頼母子】より

…【小田 雄三】 頼母子は近世から近代にかけ,庶民金融として民衆の間に定着し流行した。十数人以上が1~3年など一定の期間を定めて仲間となり,講元(親)をきめ,親の家や会所または持ちまわりで普通は月1回,一定の期日に寄り合い,あらかじめ定めた会則の下に一律掛金を集金する。この総額から会合費,諸雑費や利息を計算して差し引いたものを,くじ引きで落札して融資を受けることになる。…

※「講元」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

講元の関連情報