コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

謹上 キンジョウ

デジタル大辞泉の解説

きん‐じょう〔‐ジヤウ〕【謹上】

つつしんで奉ること。手紙のあて名に添える語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんじょう【謹上】

〔つつしんでさしあげる意〕
手紙のあて名の上などに書いて敬意を表す語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の謹上の言及

【上所】より

…書札(手紙)または書札様文書において,宛名の上に,相手を尊敬して書く語句のこと。すでに奈良時代から,謹上,謹状,謹進上,謹奉,謹通,敬上,奉,上,通などが用いられているが,謹上がもっとも多い。平安時代になると,目上の人に対しては進上,同輩に対しては謹上というように,用いる文字がある程度定まってきた。…

※「謹上」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

謹上の関連キーワード山上憶良謹上書き謹上再拝謹上書上所充所敬意

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

謹上の関連情報