進上(読み)しんじょう

精選版 日本国語大辞典「進上」の解説

しん‐じょう ‥ジャウ【進上】

〘名〙
① たてまつること。さしあげること。献上進呈。贈呈。
※平家(13C前)三「砂金一千両、富士の綿二千両、法皇へ上せらる」
※義経記(室町中か)八「かねて申せし物わが君へ奉れと申ければ、佐藤の家に伝はれる重代の太刀をしん上す」 〔宋史‐太宗賢妃〕
② 目上の人にさし出す書状などの上書(うわがき)に書いて敬意を表する語。
※万葉(8C後)五・八一一・左詞文「天平元年十月七日附使進上」
※枕(10C終)一三三「添へたる立文(たてぶみ)には、解文のやうにて、進上、餠餤一色、例に依て進上如件」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の進上の言及

【上所】より

…書札(手紙)または書札様文書において,宛名の上に,相手を尊敬して書く語句のこと。すでに奈良時代から,謹上,謹状,謹進上,謹奉,謹通,敬上,奉,上,通などが用いられているが,謹上がもっとも多い。平安時代になると,目上の人に対しては進上,同輩に対しては謹上というように,用いる文字がある程度定まってきた。…

※「進上」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android