コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

警報器(読み)ケイホウキ

大辞林 第三版の解説

けいほうき【警報器】

火災・事故などの異常の発生や、危険を知らせるための器具。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

警報器
けいほうき

火災その他の災害または突発事故を知らせる装置。火災報知器には、火災発生後、発見者がボタンを押して消防署に知らせるものと、天井などに取り付けて火災発生による温度の上昇を感知して自動的に警報ベルを鳴らすものとがある。盗難を予防する警報器は、戸や窓をあけるとベルが鳴るが、平常時に回路が開いているものと回路が閉じているものとの2種類がある。前者は回路の一部をあらかじめ切断しておくと警報は作動しない欠点がある。後者では切断するとベルが鳴るので異常を知ることができる。
 鉄道線路の踏切にも警報器がついている。電車が踏切に近づくと車輪が一定位置のレールに接触し、電気回路を閉じ警報が鳴り、赤色灯火が点滅するようになっている。公共建築物の女子用トイレットに痴漢防止用警報器が取り付けられているところもある。警報器は誤動作のないよう設計製作に注意することがたいせつである。[中山秀太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

警報器の関連情報