コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

警視庁ハイテク犯罪対策総合センター けいしちょうはいてくはんざいたいさくそうごうせんたー

1件 の用語解説(警視庁ハイテク犯罪対策総合センターの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

警視庁ハイテク犯罪対策総合センター

インターネットやコンピューターを利用したハイテク犯罪を捜査するために設立された警視庁の部署。1995年に「ハイテク犯罪対策センター」としてスタートしたが、増え続けるハイテク犯罪に対応するため、2000年には「ハイテク犯罪対策総合センター」となって組織強化された。主な業務は「コンピューターまたは電磁的記録を対象とした犯罪」「コンピューターネットワークを手段として利用した犯罪」「不正アクセス禁止法に違反する行為」を取り締まること。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

警視庁ハイテク犯罪対策総合センターの関連キーワードインターネットワーキングコンピューターネットワークコンピューター犯罪WBTホストログインインターネットTVテルネットネットワークコンピューター

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone