警視庁ハイテク犯罪対策総合センター(読み)けいしちょうはいてくはんざいたいさくそうごうせんたー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

警視庁ハイテク犯罪対策総合センター

インターネットコンピューターを利用したハイテク犯罪を捜査するために設立された警視庁部署。1995年に「ハイテク犯罪対策センター」としてスタートしたが、増え続けるハイテク犯罪に対応するため、2000年には「ハイテク犯罪対策総合センター」となって組織強化された。主な業務は「コンピューターまたは電磁的記録対象とした犯罪」「コンピューターネットワーク手段として利用した犯罪」「不正アクセス禁止法に違反する行為」を取り締まること。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android