議親(読み)ギシン

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎ‐しん【議親】

〘名〙 における六議(りくぎ)の一つ。天皇の五等親以上の親族、太皇太后、皇太后の四等親以上の親族、皇后の三等親以上の親族に対して与えられた刑法上の特典。
※律(718)六「一曰、議親」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の議親の言及

【六議】より

…日本律の適用に際し,〈議〉という特典をうける6種類の身分上の資格。すなわち議親(天皇の一定範囲の血族と姻族),議故(天皇の多年の側近で,特別な待遇をうけている者),議賢(賢人君子で徳行の大なる者),議能(大政治家として優れた能力をもつ者),議功(軍人や海外使節として功績顕著なる者),議貴(三位以上の者)をいう。日本律の六議は,唐律の八議のうち,第7の議勤を第5の議功に併せ,かつ第8の議賓を削って六議としたものである。…

※「議親」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android