コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷北無竹 たにきた むちく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷北無竹 たにきた-むちく

1878-1957 明治-昭和時代の尺八奏者。
明治11年9月28日生まれ。樋口対山,兄弟子小林紫山に師事する。昭和24年対山の最後の直弟子として明暗(みょうあん)37代をつぎ,対山の芸系をたもつため31年明暗対山流と称した。書画,漢詩をよくし,詩集「洞簫(とうしょう)余韻」がある。昭和32年3月24日死去。78歳。京都出身。本名は兼三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

谷北無竹の関連キーワード昭和時代明治

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android