コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樋口対山 ひぐち たいざん

2件 の用語解説(樋口対山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樋口対山 ひぐち-たいざん

1856-1914 明治-大正時代の尺八奏者。
安政3年3月15日生まれ。西園流の兼友(かねとも)西園に師事。明治18年京都にいき,さらに明暗(みょうあん)寺系の曲をまなぶ。明暗教会の尺八指南役をつとめるかたわら,尺八本曲を収集,整理した。明暗尺八中興の祖といわれ,その芸系を明暗対山流とよぶ。大正3年11月22日死去。59歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。旧姓は鈴木。本名は治助,のち孝道。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

樋口対山

没年:大正3.11.22(1914)
生年:安政3.3.15(1856.4.19)
幕末明治期の普化尺八の奏者。旧姓は鈴木。本名は治助,のちに孝道。明暗法系名は対山孝道といい,没後,明暗中興の祖として,それまで途絶えていた法系34世(のちに35世)を追配される。名古屋に生まれ,尺八を浜松普大寺の玉堂梅山の門人,兼友西園に師事し,本曲(尺八だけの演奏曲)11曲と多くの外曲(箏,三味線との合奏曲)を習得した。明治18(1885)年に京都に移り,尺八で身を立てようとしたが,当時,保守的,因襲的色合いの強い京都三曲界にはなじまず,本曲の道を志す。明暗教会の訳教(尺八指南役)となってからは,西園流,琴古流,その他九州系の本曲を収集整理し,独自の曲を制定して,のちに明暗対山流(対山派)と呼ばれる勢力を築き,現在も伝わる。

(志村哲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

樋口対山の関連キーワード普化明暗流荒木古童虚空鈴慕荒木古童(初代)荒木古童(2代)兼友西園黒沢琴古(2代)神保政之助吉田一調

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

樋口対山の関連情報