コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樋口対山 ひぐち たいざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樋口対山 ひぐち-たいざん

1856-1914 明治-大正時代の尺八奏者。
安政3年3月15日生まれ。西園流兼友(かねとも)西園に師事明治18年京都にいき,さらに明暗(みょうあん)寺系の曲をまなぶ。明暗教会尺八指南役をつとめるかたわら,尺八本曲を収集,整理した。明暗尺八中興の祖といわれ,その芸系を明暗対山流とよぶ。大正3年11月22日死去。59歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。旧姓は鈴木。本名は治助,のち孝道。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

樋口対山

没年:大正3.11.22(1914)
生年:安政3.3.15(1856.4.19)
幕末明治期の普化尺八の奏者。旧姓は鈴木。本名は治助,のちに孝道。明暗法系名は対山孝道といい,没後,明暗中興の祖として,それまで途絶えていた法系34世(のちに35世)を追配される。名古屋に生まれ,尺八を浜松普大寺の玉堂梅山の門人,兼友西園に師事し,本曲(尺八だけの演奏曲)11曲と多くの外曲(箏,三味線との合奏曲)を習得した。明治18(1885)年に京都に移り,尺八で身を立てようとしたが,当時,保守的,因襲的色合いの強い京都三曲界にはなじまず,本曲の道を志す。明暗教会の訳教(尺八指南役)となってからは,西園流,琴古流,その他九州系の本曲を収集整理し,独自の曲を制定して,のちに明暗対山流(対山派)と呼ばれる勢力を築き,現在も伝わる。

(志村哲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

樋口対山の関連キーワード浦本 政三郎小林 紫山宮川 如山兼友 西園谷北 無竹清水 静山宮川如山谷北無竹小林紫山大正時代明暗流

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android