谷川竜山(読み)たにがわ りゅうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷川竜山 たにがわ-りゅうざん

1774-1832* 江戸時代後期の易学者。
安永3年生まれ。加古茂仙に医術をまなび,大坂で診療にあたる。のち真勢中洲(ませ-ちゅうしゅう)の門人となり,塾をひらいて易を講義した。天保(てんぽう)2年12月4日死去。58歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。名は順。字(あざな)は祐信。通称は順助。別号に含章堂。著作に「医易本義」「易学階梯(かいてい)附言」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android