豆台風(読み)マメタイフウ

百科事典マイペディアの解説

豆台風【まめたいふう】

暴風の区域の直径が100km以下の小型の台風。小規模ではあるが,中心付近の最大風速は毎秒30m以上に達し,局地的被害をもたらす。気象用語ではなく,1939年8月に千葉県に上陸した台風の報道の際に使われた言葉。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

まめたいふう【豆台風】

ごく小さい台風。1000ヘクトパスカルの等圧線で囲まれる区域の半径が100キロメートル 未満のもの。暴風域も小さい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豆台風
まめたいふう

暴風の区域が小さく、直径100キロメートル程度あるいはそれ以下の台風。小さいといっても台風である以上、最大風速が毎秒17.2メートル以上あり、最大風速が毎秒30メートル以上のこともある。気象衛星のなかった時代は、海上の数少ない観測点だけでは上陸するまで発見できず、不意打ちにあったような形となった。[饒村 曜]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例