コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊城豊雄 とよき とよお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊城豊雄 とよき-とよお

1838*-1917 幕末-明治時代の国学者。
天保(てんぽう)8年12月28日生まれ。家は信濃(しなの)(長野県)佐良志奈神社の神職。出雲路(いずもじ)定信,足代弘訓(あじろ-ひろのり)にまなび,ついで佐久間象山の門弟となる。維新後は長野県皇典講究所の教官をつとめた。大正6年6月24日死去。81歳。号は鶴巣,田鶴舎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

豊城豊雄の関連キーワードTGE-A型 軍用保護自動貨車三菱A型文学革命岸沢式佐(5代)メチニコフ渡辺崋山アフガン戦争学級グリムケ(姉妹)天理教

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone