コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊美繁太夫 とよみ しげたゆう

3件 の用語解説(豊美繁太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊美繁太夫 とよみ-しげたゆう

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
宮古路豊後掾(みやこじ-ぶんごのじょう)の弟子で,宮古路繁太夫を名のる。延享2年(1745)豊美と改姓し,独立。その語り口は大坂の島の内を中心に繁太夫節として流行したが,1代でたえ,鶴山勾当(こうとう)らにより地歌のなかに繁太夫物として曲節がのこった。宝暦元年(1751)以降の活動は不明。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

豊美繁太夫

生年:生没年不詳
江戸中期,上方の繁太夫節の浄瑠璃太夫宮古路豊後掾 の門弟で,史料上の初見は享保16(1731)年「筆顔見世鸚鵡硯」。元文3(1738)年ごろから哀愁をおびた語り口が繁太夫節としてもてはやされた。延享2(1745)年に豊美と改姓したらしい。宝暦1(1751)年以降の記録はない。1代で絶えたが,鶴山勾当がその曲節を伝承し作曲もしたので,地歌のなかに「繁太夫もの」として伝えられた。

(竹内道敬)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊美繁太夫
とよみしげたゆう

繁太夫節」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の豊美繁太夫の言及

【繁太夫節】より

宮古路(みやこじ)豊後掾の大坂での門弟宮古路繁太夫が,元文(1736‐41)ごろ語り出した。彼は延享(1744‐48)ごろ豊美(とよみ)繁太夫を名乗り,宮古路から分派独立した。歌舞伎にも出演したが,その本領は座敷演奏にあったらしく,大坂の島の内を中心に花柳界で流行した。…

※「豊美繁太夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

豊美繁太夫の関連キーワード繁太夫節上方浄瑠璃国太夫節浄瑠璃太夫春太夫節佐中竹本組太夫(2代)竹本組太夫(3代)竹本筆太夫(初代)鳴渡阿波太夫

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone