コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴山勾当 つるやまこうとう

2件 の用語解説(鶴山勾当の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶴山勾当
つるやまこうとう

江戸時代の盲人の地歌箏曲の演奏,作曲家。延享~宝暦 (1744~63) 頃活躍。大坂の島の内で行われていた繁太夫節を得意とし,その創始者である豊美繁太夫の没後,浄瑠璃としての伝承が絶えた繁太夫節を地歌のなかに「繁太夫物」として伝える基を開いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴山勾当 つるやまこうとう

?-? 江戸時代中期の地歌三味線家。
大坂で浄瑠璃(じょうるり)の繁太夫節を地歌にとりいれる。江戸にでて宝暦12年(1762)「泉曲集」を編集した。吉原では歌がかなしすぎると鶴山節を禁じたという。代表作に「妹背の秋草」「濡扇」「正月(まさづき)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の鶴山勾当の言及

【繁太夫節】より

…繁太夫には後継者がなく一代で絶えたが,お座敷芸として上方の盲人音楽家が伝承し,繁太夫節は地歌に吸収された。初期の代表者は鶴山勾当で,《濡扇(ぬれおうぎ)》などの新作も作り,宝暦(1751‐64)ごろ江戸に下って〈鶴山節〉として吉原で流行させた。しかしこれは曲調が哀愁すぎるというので禁止されたと伝える。…

【狸】より

…(1)地歌の曲名 別名《小夜時雨(さよしぐれ)》。堺屋方舟作詞,鶴山勾当作曲の端歌。三下り。…

※「鶴山勾当」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鶴山勾当の関連キーワード浦崎検校継橋検校津山(5代)津山検校(2代)津山検校(3代)津山春寿一長岡勾当八重崎検校(1)八重崎検校(2)安永検校

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone