コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

象徴主義演劇 しょうちょうしゅぎえんげきLe Théâtre symboliste

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

象徴主義演劇
しょうちょうしゅぎえんげき
Le Théâtre symboliste

人間を取巻く宇宙や宿命の神秘を象徴によって直観させようとする演劇。特に 19世紀後半のヨーロッパで観念哲学と象徴詩の影響を受けて発達した。 1886年から1年間にわたるマラルメの演劇時評が発端。ワーグナーの影響も受け,またリアリズムに対する反動として,メーテルランク,初期のクローデルホーフマンスタールイェーツアンドレーエフの作品に具体化された。後期のイプセンストリンドベリハウプトマン,シング,オケーシー,オニールらの作品もこのジャンルに含められるものがあり,チェーホフにもその影響がみられる。詩人 P.フォールは,90年芸術座 Théâtre d'Artを創立してこれらの作品を上演し,93年リュニェ=ポーがこれを受継いで制作座を興した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

象徴主義演劇の関連キーワードヴェラ コミサルジェフスカヤG.ルドルフ ゼルナーコミサルジェフスカヤオクターヴ ミルボーペレアスとメリザンドメーテルリンクフランス演劇ミルボーゼルナー芸術劇場ロスタンジャリ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android