コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

象水母 ゾウクラゲ

デジタル大辞泉の解説

ぞう‐くらげ〔ザウ‐〕【象水母】

軟体動物門腹足綱ゾウクラゲ科の巻き貝。クラゲの名が付くが、腔腸動物のクラゲではなく、体が透明な寒天質海中を泳ぐところから名付けられた。体は細長く、体長約40センチ。背の中央に3センチほどの烏帽子(えぼし)状の薄い殻をもつ。温・熱帯域の海に広く分布する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞうくらげ【象水母】

腹足綱ゾウクラゲ科の軟体動物の総称。海産の巻貝だが、殻が小さく体が透明な寒天質で泳ぐので、この名がある。体は細長く全長2~50センチメートル。うちわ状の遊足で泳ぐ。暖・熱帯水域に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

象水母 (ゾウクラゲ)

学名:Carinaria cristata
動物。ゾウクラゲ科の巻き貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

象水母の関連キーワード軟体動物全長海産総称巻貝

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android