コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

象眼青磁 ぞうがんせいじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

象眼青磁
ぞうがんせいじ

焼物の装飾技法の一種。青磁の素地の色と異なる土を器表に嵌入して文様,絵を表わし,釉 (うわぐすり) をかけて焼いたもの。朝鮮で創案された技法で,12世紀後半の毅宗時代 (1147~69) から始り,高麗末期まで続いた。文様は鳳凰雲鶴文,蒲柳水禽など朝鮮独自の文様が多く用いられ,ほかにぼたん,菊,れんげなどの草花,双魚,鳥,さぎなどの鳥魚類,なかには文様の間に文字を配した例もある。象眼には白黒のほか金彩を施したり,辰砂 (しんしゃ) を点じたものがみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

象眼青磁の関連キーワード朝鮮美術高麗青磁朝鮮工芸陶芸

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android