コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

象眼青磁 ぞうがんせいじ

1件 の用語解説(象眼青磁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

象眼青磁
ぞうがんせいじ

焼物の装飾技法の一種。青磁の素地の色と異なる土を器表に嵌入して文様,絵を表わし,釉 (うわぐすり) をかけて焼いたもの。朝鮮で創案された技法で,12世紀後半の毅宗時代 (1147~69) から始り,高麗末期まで続いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

象眼青磁の関連キーワード色絵印花砧青磁繍花鎗金彫漆沈銀塗り素地釉裏紅暗花

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone